武蔵小杉のセレクトショップ【ナクール】nakool

大人のカジュアルをテーマにしています。洗練されていながらも、野を忘れず、親しみやすさと遊びのある姿勢を持つ国内・海外ブランドをセレクト。今という時代をとらえつつお客様、一人一人の個性が引き立つようなスタイルメイクを提案させて頂いてます。

店舗情報

Information

  • 9月20日(木)営業いたします!&ホームページリニューアル

    午前中、展示会(仕入)のために外出しますが、12時30分にはオープンします!

    ★またこの日、ホームページ本体をリニューアルします。午前中から終日(夕方くらいまで)ブログ等アクセスできなくなります。皆様にはご迷惑おかけしますが、何卒ご了承ください。
    BASEのオンラインストアは平常どおりです。

  • 9月16日(日)臨時休業します

    申し訳ありません!17日(月)の御来店お待ちしております。
    ブログ記事に詳細報告しております。【今週のオリハシスタイル(2018.9.05-9.11)

  • 9月14日(金)12時にオープンします

    来店調整よろしくお願いいたします。

Go more

Styling log

部屋着に見せないスウェットパンツ!

オリハシです。

定番ボトムスとして定着したスウェットパンツはリラックスできる快適な穿き心地が魅力的です。加えて大事なこと。それは部屋着っぽく見せない着こなしと選び方です。

シルエット、上質な素材感で選んで欲しいのですが、ここはattack the mind 7からのセレクトが最強です。特に今回ショーツとドッキングしてるタイプがまた新鮮です ! もちろん街着イメージですが、秋のBBQ、キャンプ、アウトドア等にお洒落に着こなして欲しい1本。

・Docking Pants Short Gray【attack the mind 7】(¥22000+tax)

レギンス風に見えるほうもしっかり裏毛素材ですので、シーズンが深まっても暖かく着用できます。

ブラックのほうはパッと見た目のスウェット感が少ないのでお洒落スウェット入門にピッタリです。
・Docking Pants Medium【attack the mind 7】(¥23000+tax)
こちらは膝下までくるタイプです。

そして、継続してダメージ入りもセレクトしてます。
・Crash Zip Jogger Biker Pants TopGray / Black 【attack the mind 7】(¥21000+tax)
ダメージ部分はもちろん2重になっていて素肌は見えてきません。


太もも部分、膝の切替がバイカー仕様のデザインで、シルエットも細身でシャープです。

裾はファスナー仕様になっています。

プライスとしては2万円を超えてきますが、attack the mind 7のシルエット、素材感、ディテールの仕様、街着としてスウェットパンツをスタイリングするためにはこのくらいかけて欲しいところです。

オススメです !

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • nakool style in 写真道場 2018
  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

アメリカ留学中、ナクールのファッションがきっかけで話しかけられたり、カッコイイ服!と褒められたりして、貴重なコミュニケーションの道具の一つになっていました。 おかげで、卒業間際には、the coolest international student(最もカッコイイ?留学生)の受賞も...
東京都、40代、外資系マーケティング部勤務、O様